toggle
2022-04-06

インド「ヨガのふるさとリシケシの旅⑰」シヴァナンダ・アシュラム滞在3日目ダルシャンの内容②

もりのヨガ、yokoです。
2017年10月18日(水)~10月25日(水)までの8日間のシヴァナンダ・アシュラムでのヨーガ研修の様子を複数回に分けて綴っています。

以前投稿したシヴァナンダ・アシュラム滞在3日目、ヨーガ研修でのスワミによるダルシャン(講義や質疑応答)の続きをお伝えしたいと思います。
(インドで牛は神聖な動物と認識されています)


2017年10月21日(土)リシケシ(シヴァナンダ・アシュラム)


8:00~9:15 スワミ・アドヴァイターナンダジ (スワミは出家僧、~ジは尊称) のダルシャン(講義や質疑応答) 滞在3日目ダルシャンの内容➀でご紹介しきれなかったお話を短縮してお伝えします。

この人生で3つの得難い事

「この人生で得難い3つの事」、言い方を変えると「神様からの3つのギフト」、この世あって、手に入れる事が難しい3つのものがあるというお話をしていただきました。

このお話は、今私たちが「人間として生まれ、ヨガをしていることが、とても貴重な事」だと教えてくれています。

※インドの方々の想う神様と、日本の私たちの神様に対する個々の受け止め方にズレがあるとは思いますが、そのままの言葉で掲載します。

スワミ・アドヴァイターナンダジ は明るい笑顔で「でも、あなた方はラッキーです!もうすでに持っています」と語りかけてくれました。

3つのギフト、それは・・・

➀人間として生まれる事

アニマルとして生まれると、考える事が出来ない瞑想が出来ない、人間として生まれると、知識を得る事が出来る。

修行によって知性を浄化することが出来、受け取るポットをキレイにすることが出来る。

何回も生まれ変わりやっと人間として生まれ、男女の区別なく、人間として生まれる事はとても貴重な事。

貴重な人生をより良く使ってください、飲んで・食べて・寝て・子供産んで、だけではアニマルと同じ。

②悟りを得たいという願望(欲望)がある事

どのように困難から脱出することが出来るだろうか、あらゆる困難から自由になりたいと願う(欲望)。

あらゆることが解決しますようにと神様に願い、神様を知りたいという願いがある事(神様への愛)。

神様の祝福によって神様を知りたいという願いは生まれない、神様に祝福されていないと神様を知りたいと思わない。

※神様という言葉を使わない解説が「八段階のヨーガ」にありましたので下記にご紹介します。

人間と動物を区別するものは、人間のもつ理想主義であり、単なる物質的なものではなく、より崇高な何かを得たいという切なる願いなのです。私たちは達成されるべき高次のものがある事を知っていますし、さらに、この肉体的存在の不完全さから自由になりたいという強烈な欲求を持っているのです。

引用元: スワミ・チダーナンダ著 増田喜代美訳(2017年)「八段階のヨーガ」 東方出版㈱ 15頁

③聖者、賢人との関わりがある事

グルに出会う事や、アシュラムで聖者と関わる時間を過ごしていると、あらゆる困難から自由になることを得られる。

ブッティストティーチャー、ピュアになったら先生が現れます、自然があなたの所に先生を送ってくれます。

グルや聖者が居なければ神様をグルとして信じなさい。

人間に生まれたのは、内なる神性を外に出すことですが、それが難しい、ヨガはそれを助けてくれる。

識別力を養う、何が真実で何が真実でないか(真実と不真実)。

アニマルは生まれてしばらく生きて死んでいく、人間は神様を考えるという能力を与えられて、3つのギフトを授けられた。

4つ目「心の協力」が必要

※3つのギフトを自分が持っているとして、それをどうしたらよいのか、ヒントになる事も「八段階のヨーガ」の同ページにありましたので下記にご紹介します。

しかし、これら三つの祝福を全て与えられた者でも、さらに四つ目のものが必要とされるのです。それは、心が「よし、わかった!」と同意しなければならないのです。コントロールされていない心ほど始末に負えないものはありません。その時それは迷妄・悪・闇の代理人であり、悟りの道に立ちはだかる障害となるのです。故に心が味方についてくれることがどうしても必要なのです。たとえあなたが神の恩籠、グルの恩籠、さらに聖典の恩籠に恵まれたとしても心の協力無くして成功はありえないのです。

引用元: スワミ・チダーナンダ著 増田喜代美訳(2017年)「八段階のヨーガ」 東方出版㈱ 15頁

このお話は、 シヴァナンダ・ アシュラム総長のダルシャンでも御解説頂き、「マンンガラン・ヨガピート」スワミ・ヴィシュヴァールーパナンダジにも補足の御説明を頂きました。

帰国前に「3つのギフトを覚えてますか?」とスワミ・アドヴァイターナンダジ からお声を掛けて頂き、「人間として生まれ、ヨガをしていることがとても貴重な事」だと繰り返し教えてくださいました。

「心を内側にどうやって収めるのかがヨガ」心の平和についてもダルシャンが続きましたので、次回シェアしたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA